ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 8月 > 荒川第一調節池(彩湖)の貯水池機場ポンプの機能回復について

記者発表資料

平成28年 08月16日

  • 荒川第一調節池(彩湖)の貯水池機場ポンプの機能回復について

    荒川上流河川事務所

     荒川第一調節池(彩湖)の貯水池機場(計画最大配水量毎秒10立方メートル)に設置されている3台のポンプのうち平成28年8月11日から停止していた1台(3号ポンプ:配水能力毎秒3.3立方メートル)は、平成28年8月16日に復旧しました。

     これにより貯水池機場の本来の機能(計画最大配水量毎秒10立方メートル)を回復しました。引き続き、貯水池機場の適切な運用に努めてまります。

    ※貯水池機場の概要
     貯水池機場は、荒川本川に余剰水があるときには貯水池に取水します。また、逆に荒川本川の水が足りなくなった時には、貯水池に溜めた水を秋ヶ瀬取水堰の上流に配水する施設です。また、洪水時に調節池に貯留した水を、荒川の流量の低減に伴い、調節池排水門とともに、調節池の排水を行う施設です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369