ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 12月 > 「荒川下流タイムライン」の更なる拡大・深化に向けて 〜荒川下流域を対象としたタイムライン専門部会(第3回)の開催〜

記者発表資料

平成29年 12月14日

  • 「荒川下流タイムライン」の更なる拡大・深化に向けて 〜荒川下流域を対象としたタイムライン専門部会(第3回)の開催〜

    荒川下流河川事務所

     荒川下流域では、河川管理者や自冶体・防災関係機関が一体となって水災害の被害の軽減を目指す、荒川下流タイムライン(拡大試行版)を平成29年6月より運用をしています。本年度の出水対応をふり返り、見直しを行うことにより、荒川下流タイムラインの充実・改善や更なる拡大・深化を図るため「荒川下流域を対象としたタイムライン専門部会(第3回)」を開催いたします。

      記

    ■日時:
     平成29年12月20日(水) 13時30分〜16時30分
    ■場所:
     台東区民会館 9階ホール(東京都台東区花川戸2−6−5)
    ■議事(予定):
     [講演]
      自冶体の水害対策を支援する降雨・浸水予測情報の提供
       〜SIP「豪雨・竜巻予測技術の研究開発」における取り組み〜
         関克己(京都大学経営管理大学院 客員教授) 他
     [議事]
      1.タイムライン(拡大試行版)の運用状況について
      2.タイムラインのふり返りについて
      3.今後のタイムライン検討テーマについて
      4.今後の予定について
    ■公開等:
     ・会議は、報道機関を通じて公開いたします。
     ・報道関係者に限りカメラ撮り(「議事1」まで)及び傍聴が可能ですが、会場準備の都合上、事前登録制とさせていただきます。
     ※その他、取材に関する詳細は本文資料(PDF)別添資料1をご覧ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369