ホーム > 記者発表資料 > 平成29年 > 9月 > 緊急用船着場の一般開放に向けたルール検討を行います。

記者発表資料

平成29年 09月14日

  • 緊急用船着場の一般開放に向けたルール検討を行います。

    荒川下流河川事務所

     荒川下流河川事務所管内の緊急用船着場について平常時利用を促進し、認知度を高めていただくため、社会実験として事業者や一般利用者等に、緊急用船着場の条件付き開放を行っています。
     今後、緊急用船着場の自己責任を基本とした一般開放に向け、利用ルールの検討を行うため、第17回東京低地河川活用推進協議会を以下のとおり開催しますのでお知らせ致します。

    第17回東京低地河川活用推進協議会開催概要
    1.開催日時等
    日時:平成29年9月21日(木) 10時00分〜12時00分
    場所:森下文化センター第一研修室
    主な議事内容:自己責任を基本とした船着場利用に向けた社会実験成果の報告及び利用ルール骨子の提案等
    2.取材等
    ・協議会は傍聴可能ですが、座席に限りがありますので予めご承知下さい。(先着順)
    ・カメラ撮りについては、冒頭のみとさせて頂きます。
    ・議事要旨は、協議会終了後速やかに、荒川下流河川事務所ホームページで公開する予定です(http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/)。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369