ホーム > 記者発表資料 > 平成28年 > 11月 > 中学生(230名)も参加する防災訓練を荒川で実施!〜首都直下地震を想定した実動訓練〜

記者発表資料

平成28年 11月29日

  • 中学生(230名)も参加する防災訓練を荒川で実施!〜首都直下地震を想定した実動訓練〜

    荒川下流河川事務所
    川口市

     荒川下流防災施設運用協議会(※1)では、首都直下地震に備え荒川下流部に整備している河川防災施設(※2)の運用検証及び利用習熟等を目的に平成24年から実動訓練を行っています。
     5回目となる今回、初めて中学生(川口市立南中学校の2年生約230名)と首都直下地震を想定した実動訓練を実施します。
     沿川住民の方々に河川防災施設について知っていただくため、訓練は一般公開で実施します。

    ■日時:平成28年12月1日(木)13時30分〜15時30分
    ※荒天等による中止の場合は、当日午前9時に事務所HPで掲載します。
    http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/
    ■実施場所:川口市立南中学校及び川口緊急用船着場周辺(川口市舟戸町地先)
    ■主催:荒川下流防災施設運用協議会
    ■参加機関:川口市立南中学校、川口駅周辺帰宅困難者対策協議会、埼玉県トラック協会川口支部、陸上自衛隊第1師団、埼玉県警察本部、川口市消防局、(一財)埼玉県河川公社芝川マリーナ、(公財)東京都公園協会水辺ライン、川口市、国土交通省荒川下流河川事務所
    ■取材申込:取材をご希望される報道関係者は、11月30日(水)17時00分までに、荒川下流河川事務所調査課防災企画室まで本文資料(PDF)別紙3「取材申込書」をFAXでお送りください。
    (※1)荒川下流防災施設運用協議会
    川口市、戸田市、墨田区、江東区、北区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区、埼玉県、東京都、陸上自衛隊第1師団、埼玉県警、警視庁、荒川下流河川事務所
    (※2)河川防災施設:緊急用船着場、緊急用河川敷道路、河川敷(臨時ヘリポート等)
    (※3)訓練概要・訓練スケジュール・取材見学場所は本文資料(PDF)を参照してください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369