ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 12月 > 『荒川ライトアップ』に合わせた、防災船着場の「夜間利用社会実験」の実施 〜防災の第一歩は、ミズベに集い親しむことから・・・ミズベリング〜

記者発表資料

平成27年 12月21日

  • 『荒川ライトアップ』に合わせた、防災船着場の「夜間利用社会実験」の実施 〜防災の第一歩は、ミズベに集い親しむことから・・・ミズベリング〜

    荒川下流河川事務所

     震災時に河川敷や防災船着場が夜間利用されることを想定し、地域住民に夜の荒川を体験してもらう防災イベント「荒川ライトアップ」の開催を2月27日(土)に予定しています。
     災害時の夜間利用における課題を把握するため、「荒川ライトアップ」の開催に合わせ、防災船着場の夜間利用の社会実験を実施します。

     1.実施内容について(詳細は本文資料(PDF)別紙1参照)
      日時:平成28年2月27日(土)(予備日:2月28日(日)) 10時00分〜20時00分(日没17:33)
      対象船着場:荒川下流河川事務所管理の防災船着場:2箇所(岩淵RS、新田RS)
              仮設船着場:1箇所(芝川水門付近)
      対象者:事業者及びNPO法人等の非営利団体の動力船

     2.社会実験参加の申し込みについて
      受付期間:1月5日(火)〜1月20日(水) 9時00分〜17時00分
      荒川下流河川事務所ホームページにて、夜間利用社会実験の「船着場利用の手引」を掲載しておりますので、ご確認の上、利用申込みをお願いいたします。
      利用時間が重なった場合は、調整させて頂きます。
       http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00133.html

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369