ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 11月 > 荒川下流部で首都直下地震防災実動訓練を実施します 〜海抜ゼロメートル地帯の安全確保を目指して〜

記者発表資料

平成27年 11月04日

  • 荒川下流部で首都直下地震防災実動訓練を実施します 〜海抜ゼロメートル地帯の安全確保を目指して〜

    荒川下流河川事務所

     国土交通省関東地方整備局は、今後30年間に発生する確率が70パーセントとも想定される首都直下地震に備え荒川下流河川事務所ほか関係機関と連携し緊急用河川敷道路や緊急用船着場、荒川ロックゲート周辺を訓練会場として荒川下流部での首都直下地震防災実動訓練を実施します。
     実動訓練を通じてオペレーションの機能性や有効性を確認し、また実際に取るべき行動の確認を行い習熟度を高める事を目的とします。
     本訓練は海抜ゼロメートル地帯への浸水を想定した大規模浸水地域排水訓練及び緊急物資輸送訓練、水嚢設置訓練、水路啓開訓練、津波対策訓練を実施します。

     荒川下流部をご利用のみなさまにおかれましては、本訓練へのご理解、ご協力をお願い致します。

    【訓練概要】
     ■訓練日時:
      平成27年11月5日(木) 9時00分〜13時00分
          11月4日16時00分に判断し、延期の場合は当事務所ホームページにて掲載します。
          http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/
          (予備日11月12日(木))
     ■訓練場所:荒川ロックゲート周辺(ほか緊急用河川敷道路、小松川緊急用船着場)
     ■主催:関東地方整備局
     ■内容等:本文資料(PDF)別紙のとおり

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369