ホーム > 記者発表資料 > 平成27年 > 10月 > 荒川下流域における「避難を促す緊急行動」に関する会議を開催します

記者発表資料

平成27年 10月14日

  • 荒川下流域における「避難を促す緊急行動」に関する会議を開催します

    荒川下流河川事務所

     先般の平成27年9月関東・東北豪雨では、全国各地において浸水被害が発生しており、とりわけ、鬼怒川においては堤防が決壊し、甚大な被害が生じたところです。国土交通省においては、近年は雨の降り方が局地化、集中化、激甚化しており、全国のどこでも同様の豪雨災害が発生してもおかしくないという認識のもと、「避難を促す緊急行動」に取り組んでいるところです。
     このたび、荒川浸水想定区域における3市12区の危機管理及び水防を担当する部長級職員を対象に、地域住民等の円滑かつ迅速な避難の確保が図れるよう、洪水予報やホットラインなど、出水時に河川管理者から提供される情報とその対応について確保するため、下記のとおり会議を行います。

      記

     ■日時:平成27年10月16日(金) 15時00分〜
     ■場所:荒川下流河川事務所総合管理棟1階アモアホール
           (東京都北区志茂5−41−1)(本文資料(PDF)別紙1参照)
     ■議事:本文資料(PDF)別添を参照してください
     ■取材等:
      ・報道関係者に限り傍聴、カメラ取り(会議の冒頭のみ)が可能ですが、会場の都合上、事前登録制とさせて頂きます。
       なお、一般傍聴は出来ませんので、予めご了承ください。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369