ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 3月 > 全国初 河川を航行する船のための地図アプリ

記者発表資料

平成26年 03月18日

  • 全国初 河川を航行する船のための地図アプリ

    荒川下流河川事務所

     海における「海図」のように、船舶が河川を安全に航行するための情報をまとめた「東京低地河川ナビゲーションマップ」を更新しました。今回併せて、スマートフォンなどで使用できるアプリケーション「荒川航行アプリ」を公開しました。このアプリを使うことで、GPSで船の位置を確認しながら、より安全な航行が可能となります。河川管理者が河川航行図をアプリケーションで公開するのは全国初の試みです。

     東京スカイツリーの開業に伴い、東京低地河川では船を利用した見学ツアーが実施されるなど舟運による地域活性化の動きが広がっています。今後は2020年のオリンピック会場予定地である臨海部と、都心をつなぐ荒川の舟運の活用も予想され、ナビゲーションマップとアプリが安全な航行をサポートするツールとして利用されることを期待しています。

    東京低地河川ナビゲーションマップ http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000100987.pdf
    荒川航行アプリ(スマートフォン用アプリ)  http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/snavi/

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館  電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369