ホーム > 記者発表資料 > 平成26年 > 2月 > 河川敷の防災ヘリポートを平常時の救命医療でも利用できるよう病院と覚書を締結します!

記者発表資料

平成26年 02月20日

  • 河川敷の防災ヘリポートを平常時の救命医療でも利用できるよう病院と覚書を締結します!

    荒川下流河川事務所

     荒川下流河川事務所では、首都直下型地震などの発生時にヘリコプターによる救命救急活動や要員搬送、物資輸送などを行うことを目的に、荒川河川敷に岩淵場外離着陸場(岩淵防災ヘリポート)を整備・管理しています。

     これまで平常時は防災訓練などで利用してきましたが、この度、平常時の救命医療でも利用できるよう、東京北社会保険病院(二次救急医療機関、災害拠点病院)と岩淵防災ヘリポートの利用に関する覚書を締結することとしました。

     また、覚書締結の調印式を下記のとおり執り行います。

    【調印式】
     日時:平成26年2月21日(金) 16時00分〜
     場所:東京北社会保険病院 2階 第二会議室
     その他:調印式の取材を希望される場合は、2月21日(金)正午までに、下記問い合わせ先にご連絡ください。

    【岩淵防災ヘリポートの概要】
     設置場所:東京都北区志茂5丁目41−1の荒川河川敷(岩淵水門の下流側)
     着陸帯の仕様:長さ23メートル × 幅20メートル

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369