ホーム > 記者発表資料 > 平成24年 > 3月 > 東京低地河川における船着場の利用促進に向けて

記者発表資料

平成24年 03月30日

  • 東京低地河川における船着場の利用促進に向けて

    荒川下流河川事務所

     荒川下流河川事務所では、緊急時における船着場の安全かつ確実な利用のためには、平常時から利用がなされている必要があることから、「東京低地河川活用推進協議会」を設置し、協議を行ってきました。
     このたび、協議会において平常時の利用推進に向けた以下の3つのテーマに係る基本的な考え方及び平成24年度の取り組みについて「東京低地河川における船着場の利用促進」をとりまとめました。
     平成24年度はこれらの取り組み内容について、検討部会を設けるなどして具体的な協議を行っていく予定です。

    <船着場の利用促進に向けた基本的な考え方>
    ○海・川・道を結ぶ防災ネットワークとその結節点としての機能確保
    ○利用者の自己責任による使用を基本とし、地域コミュニティと調和したルール整備
    ○シンボルプロジェクトの提案による新たな魅力の発信
    参考 第1回:協議会議の設立 他
        社会実験:災害時における船着場の機能とその実用性の検証 他
        第2回:船着場の平常時利用に向けた課題について 他
        第3回:平成24年度の取り組み 他

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369