鬼怒川ダム統合管理事務所ホーム > 鬼怒川とダムの紹介 > 五十里ダム堰堤改良事業

五十里ダム堰堤改良事業

 五十里ダム(昭和31年完成)では、貯水池内の濁水等の状況に応じて、取水する水深を調整できる 「選択取水設備」 を新たに設置します。また、「利水放流設備」 についても設置後50年以上経過し老朽化していることから、あわせて整備を行います。
 このほか、栃木県企業局と連携し、ダムから常時放流している放流水を利用した 「水力発電所」 を整備します。
 水力発電電力の一部をダム管理用電力として活用する計画で、維持管理費の低減及び災害時に停電した場合でもダム管理用電力が確保され、防災力の強化が図られます。

完成イメージ 完成イメージ

全体スケジュール

 新たに設置する選択取水設備は平成27年度から工場制作を開始し、水力発電設備を含めた全体設備を平成30年度中に完成する計画です。

 貯水池側の工事は、平成29年10月〜平成30年2月までの期間、貯水池の水位を下げ工事を実施します。

選択取水設備
現在の五十里ダム 現在の五十里ダム

工事の進捗状況

平成29年10月10日現在

・ダム堤体の削孔(トンネル掘削)を開始しました。
・コアボーリングマシンによる水平連続コア削孔
・ダムの貯水位は、10日9:00時点で554.98m、目標とする工事水位は545mです。

進捗状況写真
進捗状況写真

五十里ダムからのお知らせ

ダム天端付近では立ち入りを規制していますので、ご協力をお願いします。

国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
〒321-0905 栃木県宇都宮市平出工業団地14-3 電話:028(661)1341