国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
鬼怒川ダム統合管理事務所ホーム > 鬼怒川とダムの紹介 > ダムの役割 > 河川環境の保全

鬼怒川とダムの紹介

  • ダムの役割

    河川環境の保全

    ダム下流の河川環境保全のため、各ダムから維持流量を放流しています。

    ■五十里ダム 1.5m3/s
    ■川俣ダム  夏期(6月15日〜9月30日):0.453m3/s
              冬期(10月1日〜5月31日):0.1m3/s
    ■川治ダム   0.5 m3/s
    ■湯西川ダム (3月1日〜11月30日)0.54m3/s、(12月1日〜2月28日)0.27m3/s

    五十里ダムにおいては、関係機関と調整して、3月〜11月の間、月1回男鹿川の河川環境を保持するため、100m3/sの環境放流を行っています。

    • 五十里ダム環境放流前
    • 五十里ダム環境放流中

    五十里ダム環境放流前と放流中(薬師橋から上流を見る。)

    • 環境放流前の河床 環境放流前の河床
    • 環境放流後の河床 環境放流後の河床
国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
〒321-0905 栃木県宇都宮市平出工業団地14-3 電話:028(661)1341