鬼怒川ダム統合管理事務所ホーム > 鬼怒川とダムの紹介 > 流域について > 流域の概要

鬼怒川とダムの紹介

  • 流域について

    流域の概要

    鬼怒川は、鬼怒沼を源に、関東平野で大河利根川と合流

    鬼怒川は、栃木県と群馬県の県境の鬼怒沼を水源として、山峡を東に流下し、栃木県日光市川治温泉地先において男鹿川をあわせ南下しながら、いくつかの支川を合流して関東平野へと入ります。ここから鬼怒川は、一路南下しながら大地をうるおし、茨城県の守谷市において日本で最大の流域面積を誇る利根川に合流しています。
    源流部は、峡谷を流れる急流となっていて、奥日光から流れてくる大谷川と合流するあたりでは、ゆったりした流れとなっています。

    鬼怒川のプロフィール
    水源 栃木県と群馬県境の鬼怒沼(標高2,040m)
    幹川流路延長 176.7km
    全流路延長 859.8km
    全流域面積 1,760.6km2
    集水面積 1,784.4km2
    山地面積 1,105.4km2
    平地面積 607.6km2
    流域内人口 約55万人
    鬼怒川位置図
国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所
〒321-0905 栃木県宇都宮市平出工業団地14-3 電話:028(661)1341