京浜河川事務所ホーム > 鶴見川 > 鶴見川の河川整備 > 鶴見川の浚渫工事の「見える化」

鶴見川の浚渫工事の「見える化」

鶴見川では、戦後最大降雨である昭和33年の狩野川台風規模相当の洪水流量を安全に流下させることを目的として浚渫工事を行っています。
洪水を安全に流すためには、川底に堆積した土砂を掘削して取り除く「浚渫工事」はとても重要な工事です。 計画的に浚渫を行うために、鶴見川の川底の地形状況を最新の技術を用いた測量により計測しました。

土砂の堆積状況イメージ 堆積土砂の掘削状況
河道状況図イメージ

注)なお、川底の地形等は洪水等により常に変化しますので、船の航行等で参考にされる方は十分にご注意願います。

国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1
TEL:045(503)4000