国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
京浜河川事務所ホーム > トピックス > 第1回鶴見川多目的遊水地土壌環境保全委員会の開催について

第1回鶴見川多目的遊水地土壌環境保全委員会の開催について

平成28年 03月25日

  •  鶴見川多目的遊水地整備工事及び横浜市橋梁工事では、工事中にポリ塩化ビフェニル等の有害物質(以下、「PCB等」という。)及び異物(木材、プラスチック、がれき類等)が混在している土砂(以下、「異物混入土」という。)が確認されたため、鶴見川及び鳥山川合流部付近に、外部へ拡散しないよう対策のうえ一時保管しました。その後、PCB等の濃度が比較的高い異物混入土の無害化処理を実施し、平成25年6月に完了しました。
     処理完了から2年間経過したことから、これまでのモニタリング結果を検証し、土壌環境の保全状況を確認するため、各専門家から構成される「鶴見川多目的遊水地土壌環境保全委員会」を設立し、第1回委員会を開催することとなりました。
     平成28年3月29日に第1回委員会を実施します。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 京浜河川事務所
〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央2-18-1
TEL:045(503)4000