川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
もっと「道」を知ろう! 「昔の道」・「未来の道」
▼神奈川県の「道」・50年| そして未来へ!東海道の歴史大山街道をご存知ですか?
もっと「道」を知ろう! 「昔の道」「未来の道」 〜神奈川の「道」・50年〜
■それは穴だらけの「道」から始まった
1970年道
昭和の中ごろまでは、県内でもこんな道がたくさんあった(1970年)
左の写真は、いまから3、40年前の道路のようすです。信じられますか?

昭和の中ごろまでは舗装(ほそう)されていない道も多く、車がはねた石ころで家の窓ガラスが割れたり、天気が良いとほこりがひどく、 雨が降れば車がはねた泥水を浴びせかけられることもよくありました。
舗装が傷んで穴だらけになっている道路も決して珍しくなく、ぬかるみや穴に車輪がはまって立ち往生する車もあったのです。
今から、たった数十年前の道がどんな道だったのか、そしてこれからの道がどうなるのか、私たちが毎日なにげなく通り過ぎ、 空気や水のように当たり前のように感じている道路の昔と現在、そして未来を、ご一緒に考えましょう!
●50年前・終戦後の日本
今から約50年前、第二次世界大戦が終わって間がないころの日本は、戦争の被害と経済の混乱から国民は苦しい生活を送っていましたが、立ち直って再出発しようと奮起していました。 そして経済を立て直すためには、道路を整備して食料や物資を輸送しやすくする必要がありました。1950(昭和25)年の神奈川県内の道路の長さは、国道が合わせて189キロメートル(舗装率76%)しかなく、 県道にいたっては1375キロメートル(舗装率16%)に過ぎませんでした。

終戦から50年代までの道路整備は、財源不足により道路の舗装などが中心でした。 「バスがすれちがえる道路」「ほこりや、ぬかるみのない道路」というのが目標だったのです。
1956年(昭和31)年、米国から高速道路の建設に関する調査に来たワトキンス調査団は、その報告書で「日本の道路は信じられないほど悪い。 工業国にして、これほど完全に道路網を無視してきた国は、日本のほかにない」と酷評していました。
ページトップ
●高度成長、渋滞に拍車
国民の努力によって経済が回復し、高度成長期に入ると、もっと効率的な人や貨物の輸送を目指して道路整備が進められました。
日本初の高速道路(名神高速、栗東〜尼崎間)が建設され、首都高速も一部(京橋〜芝浦間)開通します。 その後も本州と九州、四国、北海道が海底トンネルや橋で結ばれ、自動車専用道路が東西南北に延びていきました。 日本の経済成長と国民生活を縁の下で支えてきたのが道路だったのです。

また、70年代になるとマイカー時代が到来。自動車台数の増加とともに、交通事故が増加、渋滞や大気汚染が深刻化していきました。 当時の県内の自動車所有台数は現在の約5分の1、84万台(1970年)にすぎなかったにもかかわらず、道路整備が遅れていた県内は狭い道が多く、各地で交通渋滞を引き起こしていました。
こうした交通問題に対して国や自治体は、道路整備計画に基づき道路の幅を広げたり、新しい道づくりを進めましたが、自動車の増える勢いには追いつけず、現在にいたるまで交通渋滞は慢性化してしまっています。

現在、県内の道路は、国道が50年前の4倍の775キロメートル(舗装率100%)、主要地方道および県道は1426キロメートル(舗装率94%)に達しましたが、その一方で神奈川県の人口は50年前の3.6倍、853万人となり、さらに、現在県内で保有されている自動車台数は386万台、50年前のおよそ210倍にもなっています。 生活や産業に必要な物資の輸送量は大幅に増え、道路整備は着実に進んでいるものの、予想を上回る「車社会」の進展になかなか追いつかないのが現状です。
神奈川県の人口と自動車保有台数の推移
ページトップ
●神奈川県の道路の年表
神奈川県の道路の歴史
1601年 東海道が五街道として整備され、神奈川宿などの宿場町ができる
1859年 横浜開港
1867年(慶応3年) 日本初の造成された車道(馬車道)完成
1879年(明治12年) 日本大通り完成
1923年(大正12年) 関東大震災
1926年 自動車交通に対応するため9年がかりで進められてきた京浜国道(東海道)改良工事が完成
1935年(昭和10年) 湘南海岸道路開通
1942年 横浜初空襲
1949年 国道16号完成
1955年 第二京浜(国道1号)完成
1959年 横浜新道開通
1962年 箱根新道開通
1963年 国道1号藤沢バイパス供用
1965年 第三京浜道路開通
1968年 首都高速横羽線(1期、東神奈川ランプまで)完成
1969年 東名高速道路開通
1971年 国道1号戸塚道路拡幅供用。交通事故死者数ピーク、全国で16,700人
1972年 国道1号西湘バイパス供用
1974年 国道16号保土ヶ谷バイパス供用
1977年 横浜横須賀道路(衣笠〜逗子)開通
1978年 首都高速三ツ沢線開通
1983年 みなとみらい21事業着工
1984年 首都高速横羽線(2期、新山下ランプまで)開通
1986年 「道の日」制定
1988年 新湘南バイパス(1期)供用
1989年(平成元年) 横浜ベイブリッジ開通
1990年 横浜横須賀道路(佐原〜衣笠)供用
1991年 同・金沢支線供用
1990年 首都高速狩場線開通
1994年 高速湾岸線(空港中央〜大黒)開通
1997年 東京湾アクアライン開通。保土ヶ谷バイパス横浜町田立体完成
1998年 東名高速横浜青葉IC完成、環状2号線全線開通
1999年 高速湾岸線5期(幸浦〜杉田、三渓園〜本牧ふ頭)部分開通
2000年 三浦縦貫道路(1期)供用
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。