川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
全体マップへ戻る
鶴間から厚木まで 大山街道 見どころマップ
印刷用のページはこちら
※下のメニューのエリアナンバーをクリックすると、該当するエリアの詳細マップをご覧になれます
赤坂〜三軒茶屋 1A 1B 二子玉川〜荏田 3A 3B 長津田〜鶴間 5A 5B 厚木〜愛甲 7A 7B
三軒茶屋〜二子玉川 2A 2B 荏田〜長津田 4A 4B 鶴間〜厚木 6A 6B 愛甲〜大山 8A 8B
※地図上のポイント・宿名・イベント名等をクリックすると解説をご覧になれます
地図
鶴間から厚木まで
 下鶴間宿を出て、平坦な相模原台地を横切る大山街道は、めずらしく7キロほどの直線コース。昔は昼なお暗い雑木林の中を通る、人家もまばらな道でした。今では商家や住宅街が建ち並び、さみしい面影はありませんが、古道を伝える道標や庚申塔が幾つかみられ、「桜並木」には、戦後の歴史も刻まれています。
 海老名市の誇る相模国分寺跡や国分尼寺跡などの国指定史跡は、大山街道沿いの旧「国分宿」の近くにあって、温故館や広い公園もあり、年間を通して、多くの見学者が訪れます。また4〜5世紀頃に造られた前方後円型の瓢箪(山)古墳。少し足を伸ばせば、数個の古墳が集まり、全体が緑に覆われた秋葉山古墳群。さらに、全長6キロの人口の運河「史跡逆川」は、記念碑や船着場跡もあって、周囲の地形から往時を偲ぶことができます。
 海老名駅周辺は、かつて「一望三千石」といわれた、豊かな水田地帯でして、大宝律令により作られた「古代条里制」の基準線の一つが、大山街道になっています。相模川河畔・河原口には、何軒かの船宿があり、「厚木の渡し」として栄えました。


東原桜並木
写真
相鉄線さがみ野駅前から北へ約1.2kmに渡って続く桜並木。戦後の食糧難対策として引かれた畑地灌漑用水の完成を記念し、生産組合員によって植えられた。現在は開拓当時の面影はないが、桜並木だけは地域の手で守られてきた。
春のさくらまつり、12月のイルミネーション、花のあふれる街をつくる「ストリートガーデン事業」など、地区商店会によるアイデアいっぱいの地域活動も盛んで、みどりとさくらの美しい景観を造り出している。
このページのトップへ


1.大山街道碑
写真 大山街道では珍しく7キロほどの直線道路で、平坦な相模原台地を横切る。宅地開発以前は雑木林の茂る原野。別名・さいこが原、薬草・ミシマサイコの収穫地であったが、現在はほぼ絶滅。
このページのトップへ


2.富士塚と庚申塔
写真 附近に積もった富士山の火山灰を集めた小高い丘・富士塚。その中腹の庚申塔は、文化13年(1816)柏ヶ谷の講中で建立した道標。
このページのトップへ


3.赤坂の道標と不動明王坐像
このページのトップへ


4.古東海道の坂道
この道を南に直進すると稲荷台、更に1kmほど先に昼なお暗い古東海道とされる坂道。その先にはお銀の家跡(JAさがみ早園支店)やお銀の墓も近くにある。
このページのトップへ
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。