川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
全体マップへ戻る
長津田から鶴間まで 大山街道 見どころマップ
印刷用のページはこちら
※下のメニューのエリアナンバーをクリックすると、該当するエリアの詳細マップをご覧になれます
赤坂〜三軒茶屋 1A 1B 二子玉川〜荏田 3A 3B 長津田〜鶴間 5A 5B 厚木〜愛甲 7A 7B
三軒茶屋〜二子玉川 2A 2B 荏田〜長津田 4A 4B 鶴間〜厚木 6A 6B 愛甲〜大山 8A 8B
※地図上のポイント・宿名・イベント名等をクリックすると解説をご覧になれます
地図
長津田から鶴間まで
 大山街道は長津田を過ぎると再び国道246号に合流します。そのまま西へ向かうと町田辻の交差点で、旧大山街道と国道とに分岐します。ここからしばらくの区間は、旧道を楽しむ旅が味わえます。
 圓成寺(えんじょうじ)は、天正時代(1573〜1592)には創立していたといわれ、境内には下鶴間村を支配した領主、江原家の墓があります。
 目黒の交差点付近では、国道に阻まれて迂回せざるをえませんが、境川を渡ったところには観音寺があります。寺内には、天文13年(1544)作と思われる大和市重要文化財指定第一号の「厨子」があります。
 この観音寺から先が下鶴間宿です。当時は「松屋」、「三津屋」、「ちとせ屋」等といった旅篭や、床屋、酒屋、小間物問屋等もあり、多くの旅人で賑わっていたとのことです。
 さて、下鶴間宿を更に西に行くと「まんじゅう屋」があります。現在は「記念碑」があるだけですが、天保11年(1840)には、渡辺崋山も投宿しました。その店先で饅頭を売っていたところからこの名で呼ばれていました。
 下鶴間宿から「まんじゅう屋」辺りまで上ると、一面の柴胡が原が広がっておりました。渡辺崋山は著書「游相日記」の中でこのように表現しています。
 鶴間原出つ。この原、縦十三里、横一里。柴胡多し。よって柴胡の原とも呼ふ。
この先相模大塚までは、大山を正面から右手に仰ぎながら。淡々とした大山街道を柴胡が原の中を歩んでいくこととなります。


下鶴間宿
江戸よりおよそ十一里の下間宿には、大山街道沿いに松屋、三津屋、角屋といった旅篭を中心に、染物問屋、居酒屋、餅屋、質屋などの商家があり大変な賑わいであった。家数122軒(風土記稿)。大山道の宿内の道幅は4間と広く、交差する八王子道は幅2間で交通の要衝であった。伊能忠敬測量隊も文化13年(1816)3月18日にこの地を訪れ組頭彦八家に宿泊している。
このページのトップへ


10.横浜水道道路
写真 近代水道として日本で初めて施設した鉄管水道。国道北側には当時の水道管が常設されている。明治20年には津久井郡三井村から相模川の水を約44km送水した。
このページのトップへ


11.圓成寺(えんじょうじ)
写真 宗派は浄土真宗本願寺派。山号を山王山紫王院圓成寺と称する。天正年代(1573〜1592)には創立していたといわれ、寺内には、木造聖徳太子像や梵鐘・喚鐘が祠られている。
このページのトップへ


12.観音寺
写真 武相卯歳観音第1番札所として名高い。高野山真言宗。山号を鶴間山東照院観音寺と称する。拝殿にある厨子は、大和市指定文化財である。
このページのトップへ


13.鶴林寺(かくりんじ)
写真 宗派は浄土宗。山号を宝亀山寿翁院鶴林寺と称する。開山は永禄12年(1569)以前といわれる。境内には、即身仏となった瀬沼嵩信を弔う地蔵や鶴間学校跡、不動明王座像などがある。
このページのトップへ


14.まんじゅう屋跡
写真 渡辺崋山が弟子の高木梧庵と共に投宿したのは天保辛卯[二]年(1831)、崋山39歳の秋であった。その時の様子は「游相日記」にも記述されている。
このページのトップへ


15.山王神社
写真 大山街道と滝山街道が交わる地点に位置する。境内手前には庚申塔や青面金剛立像が配置されている。
このページのトップへ


16.滝山街道
写真 東京八王子の滝山城から鎌倉玉縄城をつなぐ街道で、武士団の移動、戦略物資の輸送など盛んに利用されていた。
このページのトップへ


17.大和歩行者専用道
写真 昭和20年初頭に神奈川県が穀倉開発のため引いた畑地灌漑用水路を廃止し、歩行者専用道路として再整備したもの。当時の取水口(相模湖)は、横浜水道の取水口と並んでいた。
このページのトップへ


鶴間歩道橋
国道246号を天の川にたとえ、織姫、けん牛の絵のレリーフがある。
このページのトップへ


五貫目道祖神
基壇の左側面には「右 大山道 左 江戸道」と刻んである。
このページのトップへ
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。