川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
全体マップへ戻る
赤坂御門から三軒茶屋まで 大山街道 見どころマップ
印刷用のページはこちら
※下のメニューのエリアナンバーをクリックすると、該当するエリアの詳細マップをご覧になれます
赤坂〜三軒茶屋 1A 1B 二子玉川〜荏田 3A 3B 長津田〜鶴間 5A 5B 厚木〜愛甲 7A 7B
三軒茶屋〜二子玉川 2A 2B 荏田〜長津田 4A 4B 鶴間〜厚木 6A 6B 愛甲〜大山 8A 8B
※地図上のポイント・宿名・イベント名等をクリックすると解説をご覧になれます
赤坂御門から三軒茶屋まで
 赤坂御門は、寛永13年(1636)に筑前福岡藩主黒田忠之により桝形石垣が造られた後、道16年に御門普請奉行の加藤正道、小川安則によって完成された門です。
 大山街道の起点はこの赤坂御門とする説が有力です。現在はその跡を残すのみとなりましたが、江戸時代の大山詣りには欠かせない重要な出発地点でした。
 赤坂御門を出発して青山を過ぎると、渋谷の宮益坂に差し掛かります。往時の宮益坂は富士見坂と呼ばれ、その名のとおり富士山を眺めることができました。頂上付近の見晴らしのよいところには、牛や馬をつなぎ、一休みできる「立場茶屋」があったとされています。
 宮益坂、そして道玄坂を過ぎると、相州街道中の四十八坂のうちでも大きな坂である「大坂」があります。この大坂から北へ行くと甲州街道に出ることができました。大坂を下り少し行くと、道標(現在は氷川神社の境内に移されています)があり、かつては交通の要衝として栄えた場所で、道標には「大山道、右めぐろ・品川、左青山」などと彫示されています。
 赤坂御門から三軒茶屋までに残る多くの「坂」の名。道往く人々の苦労が偲ばれる起伏に富んだルートです。


9.青山学院
写真 ここは江戸時代、松平左京大夫の邸があった所。明治16年(1883)築地にあった東京英学校が当地に移転、3万坪の校地を取得、校名を東京英和学校とした。東京英和学校は明治27年(1894)再び校名を変え、「青山学院」となった。
このページのトップへ


10.宮益坂と御嶽神社
写真 矢倉沢往還(大山道)を西に向かい、最初に立場があった坂で、もとは富士見坂と呼ばれていたが、御嶽神社のご利益を願い、宮益坂と名前が変わったとか…。 今、御嶽神社は石の階段を昇り、ビルの屋上に祀られている。
このページのトップへ


11.ハチ公広場
写真 ハチ公は大正時代、松涛に住んでいた東大教授、上野英三郎氏が飼っていた秋田犬で、昭和9年(1934)、その忠犬さ故に、銅像が建てられた。
現在の銅像は昭和23年(1948)再建されたもの。ハチ公広場は今、若者たちの待ち合わせ場所となっている。
このページのトップへ


12.道玄坂
写真 昔、当地を開発した渋谷氏の一族、大和田太郎が庵を構えていた為、その名前がついたと云う説があるが定かではない。
このページのトップへ


13.上目黒大坂
写真 ここは大山街道の中で一番の急坂であった所。坂上の立場からは西に大山をはじめ丹沢連山が良く見えた。明治中期の東京名所図会にその様子が描かれている。
このページのトップへ


14.上目黒氷川神社
写真 天正年間、当地の旧家加藤氏が勧請したと伝えられ、石段下に天保13年(1842)に建てられた大山道道標が残っている。正面には「大山道、せたがや通、玉川通」右側面に「ひろう、めぐろ、池がみ、品川みち」左側には「青山、あざぶみち」と刻んである。
このページのトップへ


15.目黒川大橋
写真 新編武蔵風土記稿、上目黒村の頃に、『大橋目黒川ニ架ス、土橋ニテ長サ七間幅九尺、此橋の傍に水車アリ、文化年中、村民勘右衛門ト云う者願上テツクレリ』とある。今、上流部は暗梁化したが、下流の岸辺は桜の季節美しい。
このページのトップへ


16.大山街道沿いの陸軍施設跡(1)
明治24年(1891)より翌25年にかけて、上目黒から池尻の高台に騎兵第一連隊、近衛輜重兵大隊等の施設が移転してきて、その一帯は「騎兵山」と呼ばれた。兵舎の北側には駒場練兵場もできた。
このページのトップへ


17.池尻稲荷神社
写真 この神社は江戸時代のはじめに創建され、子育て、火伏せの稲荷として、旧池尻、池沢村の人々に信仰されてきたが、境内には「涸れずの井戸」があり、大山道を行き交う旅人の咽を潤したと云われている。
このページのトップへ


18.大山街道沿いの陸軍施設跡(2)
明治30年(1897)以降、大山街道の南側一帯に駒沢練兵場、近衛野砲兵連隊、野砲兵第一連隊、野戦重砲兵第八連隊等の兵舎が次々とでき、さながら陸軍の町と云う景観をみせていた。第二次世界大戦後、その跡地は世田谷公園、防衛庁中央病院、昭和女子大学キャンパス等の用地に利用されている。
このページのトップへ
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。