川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
大山街道 見どころマップ TOPページへ戻る
 大山街道(矢倉沢往還)とは
印刷用のページはこちら
※下のメニューもしくは、地図上のエリアナンバーをクリックすると、該当するエリアの詳細マップをご覧になれます
赤坂〜三軒茶屋 1A 1B 二子玉川〜荏田 3A 3B 長津田〜鶴間 5A 5B 厚木〜愛甲 7A 7B
三軒茶屋〜二子玉川 2A 2B 荏田〜長津田 4A 4B 鶴間〜厚木 6A 6B 愛甲〜大山 8A 8B
1B 1A
2B 2A
3B 3A
4B 4A
5B 5A
6B 6A
7B 7A
8B 8A
大山街道(矢倉沢往還)
写真:大山 大山街道(矢倉沢往還)は、江戸の赤坂御門を起点として、青山、渋谷、三軒茶屋より瀬田を経て、多摩川を二子で渡り、多摩丘陵、相模野の中央部を横切り、足柄峠手前の矢倉沢関所に至る脇街道です。
 江戸時代中期以後、江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用され、矢倉沢往還は「大山街道」、「大山道」と呼ばれるようになりました。この他、大山へ向かう道を総称して「大山道」と呼んでいました。
 又、タバコ、鮎、生糸、炭など相模地方の産物を江戸に送る道でもあり、沿道には人馬継ぎ立場として伊勢原、厚木、国分、下鶴間、長津田、荏田、溝口、二子などがありました。
 東海道と甲州街道の中間に位置するこの街道は西に向かっては厚木街道、東に向かっては青山街道とも呼ばれていました。
 現在でも、当時の大山街道を偲ぶものとして「道標」があります。「道標」は当時の人たちが大山詣りの際、道に迷わないように建てた道路標識です。
 今、「道標」の代わりとして、この見どころマップが、皆様の「道標」となるわけですが、大山街道に点在する昔の「道標」を目にしたら、ふと立ち止まり、往時の旅に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。