川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
事業トップ事業位置図完成予想と比較すると| ▼この事業による効果とは| 工事の内容

この事業による効果とは

都市の再生

■地域開発の支援 ■広域的な防災支援活動拠点への支援

東京国際空港や東京港の主要通行拠点のアクセス性が強化されることで、多様な機能を備えた臨海都市地域の開発が促進され、魅力ある地域に再生されます。

大規模な災害に備え、整備に着手した広域的な防災支援活動拠点「有明の丘」へのアクセス性が向上します。

都市部の生活環境の改善

■環境の改善 ■交通渋滞の緩和

首都高速道路の渋滞緩和や内陸部からの臨海部への交通転換がなされ、大型車から多く排出される窒素酸化物(NOx)、浮遊粒子状物質(SPM)などが削減されます。

東京港トンネル手前での首都高速道路の渋滞緩和により、1日を通じて定時性が確保され、ゆとりあるレジャーや出張が可能になります。

広域交流と物流効率化の支援

■重要施設への連絡の強化 ■交通の代替機能の確保

東京国際空港、東京港、工業地帯などの重要な施設間の連絡が強化され、活力ある地域経済の発展に大きな役割を果たしています。

首都高速道路の現東京港トンネルが通行不能な時も、交通の代替機能が確保されるとともに、連携強化が図られます。
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。