川崎国道事務所・環境と人にやさしい「道」づくり
事務所概要 事務所概要 入札情報 契約情報 パンフレット資料
道路事業の流れ 今年度事業概要 記者発表資料 川国IRサイト 川国IRサイト
国道357号について・東京湾外周に沿って計画された東京湾岸道路の一部の道路です。

道路の歴史
写真:有明地区より東京港トンネルを望む

■国道357号の概要
千葉県千葉市を起点とし、神奈川県横須賀市を終点とした、延長約75kmの幹線道路です。
■左の地図の事業内容は、下記よりご覧頂けます。
1
東京湾岸道路 事業内容はこちら
2
東京港トンネル 事業内容はこちら

道路の歴史
■東京湾岸を走る発展途上の道『国道357号』
江東区東雲地区

 東京湾岸道路の名で知られる国道357号は、千葉・東京・神奈川各都市の東京湾に面する地帯を結ぶ延長160kmの幹線道路である。1960年代頃から、各地で進められた埋立事業や工業団地の整備とともに発展してきた。 各都市の港湾、埋立地に立地する都市機能を連絡しており、 首都圏環状道路の一部を構成している。自動車専用部と一般部で構成され、このうちの一般部が、国道357号として指定されている。


■京浜工業地帯の機能を支える東京湾岸道路

日露戦争後、国の殖産政策を受けて埋め立てられた川崎〜横浜の臨海部。ここに、重化学工業が集中して誕生した『京浜工業地帯』は、日本最初の臨海工業地帯である。明治末の時点では、阪神工業地帯の半分に過ぎなかった生産量が、その後急増し、1940(昭和15)年には阪神を抜き、四大工業地帯でトップとなりわが国の成長を支えてきた。その重要性は現在も変わらず、国内の産業の発展に欠かせない重要な拠点となっている。
この機能を、将来にわたって維持、発展させていく上で、交通の円滑化はもとより、特に港湾物流拠点とのアクセス、連携強化などを図るため、国道357号は現在も整備が進められている。

臨海副都心上空からお台場方面を望む
ページトップ
macromedia 本サイトをご覧頂くにはFlash playerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。
acrobat 本サイトをご覧頂くにはAcrobat Readerプラグインが必要です。
お持ちでない方はこちら>>よりダウンロードをして下さい。