トップ/東関東自動車道水戸線(潮来〜鉾田)
東関東自動車道水戸線(潮来〜鉾田)

◇位置図

◇はじめに

 東関東自動車道水戸線(潮来〜鉾田)は、東京都練馬区を起点として千葉県を経て茨城県水戸市に至る延長約140qの東関東自動車道水戸線のうち、茨城県潮来市延方を起点に茨城県鉾田市飯名に至る延長約31qの高速自動車国道です。

◇事業の目的

 高規格幹線道路のミッシングリンク(高速道路等未整備区間)である当該区間を整備することにより、重要港湾群(鹿島港・茨城港)や成田国際空港・茨城空港へのアクセス向上や、平行する国道51号等の安全性向上、災害時のリダンダンシー(代替路線)の確保を図るとともに、北関東地域と東関東地域の連携交流の促進に寄与するものです。

  • ◇事業の経緯

    □連絡位置及び連絡予定施設

  • ◇計画概要

    □各市の本線通過延長

    □道路構造別延長

◇道路計画図

※クリックすると拡大します。

◇整備効果

◇標準断面図