道路法の一部改正に伴う新たな取り組み

道路の維持修繕に関する省令・告示の制定について

道路構造物の今後の維持管理について

@省令・告示で、5年に1回、近接目線を基本とする点検を規定、健全性の診断結果を4つに区分。
 (トンネル、橋などの構造物に共通)
A点検方法を具体的に示す定期点検基準を策定。(トンネル、橋などの構造物毎)
B市町村における円滑な点検の実施のため、主な変状の着目箇所、判定事例写真等を加えたものを定期点検要領としてとりまとめ。
 (トンネル、橋などの構造物毎)

法令・定期点検基準の体系(案)

平成26年4月14日、社会資本整備審議会道路分科会第46回基本政策部会において、「道路の老朽化対策の本格実施に関する提言」がとりまとめられ、家田道路分科会長(道路分科会道路メンテナンス技術小委員会 三木委員長が同席)より、太田大臣に対して提言が手交されました。

4月14日
家田道路分科会長より太田大臣へ提言書が
手渡されました
道路の老朽化対策の本格実施に関する提言書 (平成26年4月15日 朝日新聞)


道路の老朽化対策の本格実施に関する提言 概要



△上へ戻る