ホーム > 技術情報 > 公共工事の品質確保 > 都県建設業協会との意見交換会
技術情報

公共工事の品質確保

  • 都県建設業協会との意見交換会

    ■都県建設業協会と関東地方整備局・関係都県・政令市は、発注者と受注者双方が抱える諸課題の改善に向け、意見交換会を開催しています。【H29.11.17NEW】
     なお、各意見交換会は、マスコミ関係者に公開で開催しています。

    <平成29年度の実施状況>

    団体名
    (都県建設業協会)
    開催日 意見交換会テーマ 次第 出席者名簿 関東地整
    回答趣旨
    埼玉県建設業協会 6月23日(金) 1)公共事業予算の増額確保と県内業者の受注機会の拡大について
    2)施工時期の平準化について
    3)適切な利潤の確保について
    4)ICT技術活用の推進について
    栃木県建設業協会 7月5日(水) 1) 品確法運用指針の徹底について
    2) 週休2日制について
    3) i-Construction の推進と生産性向上について
    群馬県建設業協会 7月13日(木) 1)受発注者間での「限界工事量の理念」の共有促進について
    2)銘板設置拡充について
    3)働き方改革(週休2日制)について
    山梨県建設業協会 7月19日(水) 1) 平成29年度大型補正早期編成、平成30年度当初予算の大幅増額確保及び県内自動車専用道路の早期整備について
    2)国土交通省の県内発注工事における県内建設業者が入札参加できる工事の大幅拡大について
    3)改正品確法・「発注関係事務の運用に関する指針」及び「設計変更ガイドライン」に沿った対応について
    4)営繕工事における「入札時積算数量書活用方式」の地方公共団体への普及指導について
    長野県建設業協会 8月1日(火) 1)公契連モデルの改正について
    2)週休2日と必要経費、工事量の確保について
    3)働き方改革に向けた時間外労働の上限規制とプレミアムサタデーの推進について
    4)ISO9001の活用工事について 
    千葉県建設業協会 8月4日(金) 1)社会資本整備に必要な公共事業予算の増額、安定的かつ継続的な確保
    2)平成29年度予算の前倒し発注と、その後の大型補正予算の編成
    3)地域建設業の受注機会の確保
    4)施工時期の平準化や週休2日制の検討
    神奈川県建設業協会 8月31日(木) 1) 公共事業予算の増額確保について
    2)入札契約制度・運用の改善について
    3)施工時期の平準化について
    4)市町村への品確法運用指針の徹底について
    5)働き方改革への対応について
    6)適切な現場対応の徹底について
    東京建設業協会 9月11日(月) 1) 担い手の育成・確保の推進について
    2)企業の技術力が十分発揮できる環境の整備について
    3)生産性の向上・業務の効率化について
    茨城県建設業協会 9月25日(月) 1)業界の持続的発展のための補正予算の編成等について
    2)地元業者の受注機会の確保について
    3)i-Constructionの取り組みについて
    4)「働き方改革(週休2日制の定着)」について
国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369