ホーム > 施設紹介 > 先端技術 > 立坑 > 大深度立坑
文字のサイズ :
 

大深度立坑

 

低発熱セメントでひび割れを防止

 
 外郭放水路の立坑は、トンネル工事の作業基地、水の取り込み、放水路の維持管理という三つの役割を担う。第1から第4までの4基の立坑は、掘削深さが最大76.5メートルに及ぶ大深度空間。そのため、立坑の構築に先立って施工した「大深度地中連続壁」も最大深さが140メートルに及ぶ。一方、第5立坑は「自動化オープンケーソン工法(SOCS工法)」で構築したもので、掘削深さは74.5メートル。
 立坑の側壁の厚さは深さに応じて2種類に分け、外力が大きい下部では上部より3割以上厚くしている。側壁の厚さは最大3.3メートルに及び、地中連続壁と合わせると最大5.4メートルにもなる。
 立坑のコンクリート打設は、逆巻き工法と順巻き工法を併用している。1回の打設高は、立坑内の掘削で生じる大きな土圧と水圧を考慮して決めた。
 立坑には確実な止水性と耐久性が求められる。そこで、マスコンクリートによる温度ひび割れを防止するため、低発熱ポルトランドセメントを使用。さらに、厚さ6メートルに及ぶ底版コンクリートは、2~3層に分けて打設した。第5工区の底版部の厚さは合計10メートル。下部の7メートルは水中コンクリート、上部の3メートルを鉄筋コンクリートとしている。
 第2工区の逆巻き部では大型鋼製型枠を採用し、型枠の組み立てと解体の作業時間を短縮した。同逆巻き部の上部1メートルの施工に際しては、打ち継ぎ目の品質を向上させるため、高流動コンクリートを使用した。低発熱ポルトランドセメントを使ったコンクリートは高流動化が困難と言われていたが、流動化剤に工夫して高流動化を実現している。
 第3立坑は、倉松川と中川から最大で毎秒100立方メートルの水を約60メートル落下させて流入させるので、他の立坑の構造と違って、落下する水の衝撃を和らげる工夫を施した「渦流式ドロップシャフト」を採用している。
立坑名 第1立坑 第2立坑 第3立坑 第4立坑 第5立坑
工法 地中連続壁 ケーソン
立坑
本体
内径 31.6メートル 31.6メートル 31.6メートル 25.1メートル 15メートル
掘削深さ 76.5メートル 71.4メートル 74.8メートル 68.8メートル 74.5メートル
上部側壁
厚さ
2.5メートル 2.5メートル 2.5メートル 2メートル 2メートル
下部側壁
厚さ
3.3メートル 3.3メートル 3.3メートル 3.3メートル 2メートル
コンクリート量 2万5000
立方メートル
2万6000
立方メートル
2万6700
立方メートル
1万6200
立方メートル
6400
立方メートル
底版厚 6メートル 6メートル 6メートル 4.7メートル 3メートル
地中
連続壁
内径 36.6メートル 36.6メートル 36.6メートル 29.1メートル なし
壁厚 2.1メートル 2.1メートル 2.1メートル 1.7メートル
深さ 130メートル 129メートル 140メートル 122メートル
コンクリート量 2万3000
立方メートル
3万6000
立方メートル
3万7200
立方メートル
2万1000
立方メートル
鉄筋挿入長 109.55
メートル
97.55
メートル
109.35
メートル
89.15
メートル
鉄筋挿入率 84パーセント 76パーセント 78パーセント 73パーセント
 
 
 
Copyright (C) EDOGAWA RIVER OFFICE, All rights reserved.