ホーム > 施設紹介 > 先端技術 > 調圧水槽 > 大規模調圧水槽
文字のサイズ :
 

大規模調圧水槽

 

水和熱対策やアンカー工法に工夫

 
 外郭放水路の調圧水槽は、第1立坑と排水機場の間にあって、排水機場のタービンポンプの運転時や緊急停止時に必要となる水圧調節の役割を担う。
 調圧水槽は現場で構築した鉄筋コンクリートの構造物で、長さ177メートル、幅78メートル、高さ18メートルに及ぶ。水槽の中には59本の鉄筋コンクリート柱が林立して、天井のスラブと地上部の多目的グラウンドの盛り土を支えている。
 この国内最大級の巨大水槽を地下水位の高い地中に築くと、地下水の揚圧力で浮き上がる恐れがあった。そのため、底版やスラブなどの厚さを増やして、揚圧力を上回る荷重を確保した。地下水による掘削時の盤ぶくれも予想されたので、5カ所にディープウェルを設置して地下水を低下させた。
 調圧水槽の工事は、まず、周囲に土留め壁となる深さ52メートル、厚さ1メートル、延長384メートルの地下連続壁を築造。次に、その内部から深さ約22メートルで約27万立方メートルに上る土砂を掘削した。最後に、鉄筋を組み立てながら約12万6000立方メートルに及ぶ大量のコンクリートを打設した。
 地下連続壁に囲まれた内部での作業効率を上げるため、地下連続壁の背面にグランドアンカーを設置した。グランドアンカーは、引っ張り型アンカーだけではピッチが狭くなるので、「荷重分散型アンカー」を併用して本数を減らした。
 底版や側壁の厚さが3.5メートル以上となるコンクリートの水和熱で起こるひび割れを防ぐ「マスコンクリート対策」にも万全を期した。低発熱ポルトランドセメントを使うほか、温度応力解析を基にひび割れ誘発目地を設置して成果を収めた。
 「調圧水槽と立坑との接続」に際しては、あらかじめ立坑の地下連続壁をワイヤーソーで切断して、地下連続壁の破砕による立坑への悪影響を防いだ。
 
 
 
Copyright (C) EDOGAWA RIVER OFFICE, All rights reserved.