ホーム > 施設紹介 > 先端技術 > 排水機場 > 大規模排水機場
文字のサイズ :
 

大規模排水機場

 

土木や建築、機械などの技術を集結

 
 外郭放水路の排水機場は、延長約6.3キロメートルのトンネルを通って調圧水槽に流れ込んだ水を江戸川に排水する役割を担う。排水機場の下流には江戸川への導水と江戸川からの逆流を防止するため、「排水樋管」が整備されている。
 完成した排水機場には、大型の「渦巻きポンプとガスタービン」がそれぞれ4台設置され、最大で毎秒200立方メートルの排水能力を備えている。最新技術を導入したコンパクトで高い性能を持つ設備だ。
 2002年6月から、第3立坑から第1立坑までの区間に流入する水を、「試験通水」として排水している。2006年6月には第5立坑まで整備が完成した。
 排水機場は、調圧水槽に隣接する場所を地下23.6メートルまで掘削して築いた長さ73.5メートル、幅78メートル、高さ30.5メートルの鉄筋コンクリート構造物。上階に「排水施設の監視と制御」を行う操作室を備えた管理棟を併設している。
 排水機場の土木工事は、調圧水槽の地盤や掘削深さ、コンクリート打設と類似しているので、工事上の問題も同様の方法で解決している。掘削工事の土留めとして築いた地下連続壁は、深さ52メートル、幅1メートル、延長225メートル。掘削に伴い、地下連続壁の背面にグランドアンカーを10段で合計1090本設置して安定を維持した。掘削土砂約36万立方メートルの大部分は、江戸川の堤防の盛り土に利用した。
 排水機場のコンクリート量は約9万3000立方メートルに及ぶ。調圧水槽と同様に地下水による浮き上がりを防止するため、底版の厚さは最大で5.6メートルとした。マスコンクリート打設に伴う温度ひび割れを防止する対策として、低発熱ポルトランドセメントの使用や打設ブロックの細分化を行うほか、地下連続壁との間に厚さ6ミリの縁切りシートを設置した。
 排水機場の構造は、ポンプ設備や発電機、水路、ゲートなどの空間が複雑に入り組んでいる。工事に際しては、三次元CADシステムを駆使して詳細でわかりやすい図面を作成し、数量計算や出来形管理、作業効率などを高めた。一方、施工者が異なる躯体工事と設備工事を同時並行で進めざるを得ない機会が多いので、両者の工程調整を綿密に進めた。
排水機場鳥瞰図
排水機場鳥瞰図
 
 
 
Copyright (C) EDOGAWA RIVER OFFICE, All rights reserved.