文字のサイズ :
 

目的

 

地下50メートルを流れる、世界最大級の地下放水路

 
 首都圏外郭放水路は、あふれそうになった中小河川の水を地下に取り込み、地下50メートルを貫く総延長6.3キロメートルのトンネルを通して江戸川に流す、世界最大級の地下放水路です。日本が世界に誇る最先端の土木技術を結集し、平成18年6月に完成。完成に先立ち、平成14年から部分的に稼動し、毎年8回程度の洪水を安全に処理することで、住宅地等への氾濫を防いでいます。
  私たちの目にふれることなく、水と闘う首都圏外郭放水路のスケールはまさにギネス級。水を取り込む直径30メートル、深さ70メートルにおよぶ5本の巨大立坑をはじめ、地中深く6.3キロメートルにわたって走る直径10メートルの地底トンネル、重量500トンの柱が59本もそびえるマンモス水槽、そして、毎秒200立方メートルの水を排水する14000馬力タービンなど、そのすべてが想像を超えるスケールです。
 洪水に強い都市づくりの一翼を担い、文字通り縁の下の力持ちとして首都・東京の安全を支える首都圏外郭放水路。ここでは、最新テクノロジーを駆使したさまざまな施工技術や管理システム、そして、巨大放水路を支える主要施設、排水システムなど、その全貌を紹介いたします。

プロジェクトの経緯と必要性

 
 中川・綾瀬川流域の埼玉県春日部市および周辺市町は、荒川・利根川・江戸川などの大河川に囲まれたお皿の底のような低い平地が広がっています。そのため、中川・綾瀬川の勾配は緩やかで水が流れにくいという特徴があり、ひとたび大雨が降るとすぐには水位が下がらず、これまでしばしば浸水被害をもたらしてきました。
 また、中川・綾瀬川流域では首都圏のスプロール的開発(都市の無秩序な拡大)に伴い、下流域から中、上流域へ著しく市街化が進み、人口・資産が集中しています。特に、東京から20~40キロメートル圏域の市街化率は約50パーセント程度(平成22年)であり、今後さらに中流域の開発が進められるものと予想されます。
 こうした慢性的な浸水地帯である中川・綾瀬川流域において、治水対策としてこれまで実施してきた下流域から順次改修を進める方式に加え、浸水被害解消のため水防災上の抜本策として建設が進められたのが、良好な住宅地供給を目的として大都市法にも位置づけられている主要プロジェクト「首都圏外郭放水路」なのです。

目的

 
 首都圏外郭放水路の整備は、中川・倉松川・大落古利根川等の洪水の際、その水の一部を江戸川へ放流するために各河川間を地下で結ぶ放水路を建設したもので、これにより流域の浸水被害を解消または軽減し、より安全で良好な生活環境を創造します。
 
 
 
Copyright (C) EDOGAWA RIVER OFFICE, All rights reserved.