江戸川河川事務所ホーム > 地域との連携 > 中川・綾瀬川流域総合治水対策協議会

地域との連携

  • 中川・綾瀬川流域総合治水対策協議会

    概要

    わが国においては、都市における河川流域の開発が急速に進展し、洪水の流出形態の変化と氾濫原における人口、資産の増大から、各地で河川災害が頻発し多くの貴重な生命、財産が失われており、中川・綾瀬川流域においても、開発による洪水流出量の増大などにより、常に水害の危険に脅かされています。

    このような状況に対処するため、治水施設の整備・流域開発による洪水流出量の抑制や河川流域が従前より有していた保水・遊水機能の維持・増大を図る方策を関係機関の合意のもとに推進し、総合的な治水対策を講じる必要が生じていました。

    これを受けて、昭和55年に中川・綾瀬川流域総合治水対策協議会を設置して、河川および流域の整備に関する具体的な対策等の協議検討を進め、昭和58年には流域内の合意のもとに「中川・綾瀬川流域整備計画」を策定しました。

    その後、平成12年には流域整備計画を改定して、河川・下水道及び流域で適切に雨水の処理分担を定めた新たな総合治水対策の抜本的な拡充・強化を図るため、河川整備のあり方や流域整備のあり方について施策を示し、流域関係機関で本計画の主旨を踏まえた必要な対策を検討するための協議を行っています。

    構成

    埼玉県、さいたま市、八潮市、熊谷市、三郷市、川口市、蓮田市、行田市、幸手市、加須市、吉川市、春日部市、伊奈町、羽生市、鴻巣市、上尾市、宮代町、草加市、白岡市、越谷市、桶川市、久喜市、杉戸町、北本市、松伏町
    東京都、足立区、葛飾区、江戸川区
    茨城県、五霞町
    関東地方整備局

    平成29年2月時点

国土交通省 関東地方整備局 江戸川河川事務所
〒278-0005 千葉県野田市宮崎134 電話:04(7125)7311