ホーム > 地域づくり > 手づくり郷土(ふるさと)賞 > 手づくり郷土賞とは?
地域づくり

手づくり郷土(ふるさと)賞

  • 手づくり郷土賞とは?

     全国各地において、地域固有の自然や歴史、伝統、文化や地場産業等を貴重な資源として再認識し積極的に利活用した、魅力ある地域づくりに成功している事例が数多く見受けられます。
     このように、地域の魅力や個性を創出している良質な社会資本及びそれと関わりを持つ優れた地域活動を一体の成果として発掘し、「手づくり郷土賞」として表彰するとともに、好事例として広く紹介することにより、各地で個性的で魅力ある郷土づくりに向けた取組が一層推進されることを目指しています。
     「手づくり郷土賞」は昭和61年度に創設され、平成30年度で33回目の開催となる国土交通大臣表彰です。

    参考に下記サイトも是非ご覧下さい。
    ■国土交通省公式サイト(手づくり郷土賞)[外部サイト]

    平成30年度「手づくり郷土賞」に関東地方整備局管内で1件(一般部門1件)が選ばれました!

     11月12日に有識者による選定委員会が開催され、23件(一般部門20件、大賞部門3件)が選定されました。
     このうち関東地方整備局管内では、一般部門1件が選定されました。
     なお、選定された案件の認定証授与式については、1月以降に受賞団体の地域において行う予定です。詳細が決まりましたら、別途お知らせします。

    【関東地方整備局管内 受賞団体】
    〈一般部門〉

    受賞案件 所在地 受賞団体
    養老桜とアートの小径プロジェクト
    (文化と芸術の里づくり)
    千葉県市原市 まちづくり桜植樹プロジェクト
    (桜さんさん会)

    受賞団体の概要はこちらのページをご覧ください。
    ・受賞団体概要
     ※過去の受賞団体の概要は本ページの下の方にリンクがあります。

    平成30年12月16日に「手づくり郷土賞受賞記念発表会 〜グランプリ2018〜」を開催 〜〜一般参加者(聴講者)を募集しています〜〜

     発表会は、手づくり郷土賞に選定された優れた活動を広く紹介することにより、各地で個性的で魅力ある郷土づくりに向けた取組が推進されることを目的として開催され、今回選定された団体が一堂に会しプレゼンテーションを行い、その中から部門別にグランプリを決定します。
     一般参加者(聴講者)を募集しておりますので、地域づくり活動にご関心のある方は奮ってお申し込みください。

    【手づくり郷土賞受賞記念発表会 〜グランプリ2018〜の概要】
    日時:
     平成30年12月16日(日) 12時30分〜16時10分(予定)
    場所:
     東京国際交流館プラザ平成 3階 国際交流会議場
     (東京都江東区青海2−2−1)
    内容:
     1)平成30年度「手づくり郷土賞」選定団体による活動プレゼンテーション
     2)グランプリ(一般部門、大賞部門)の発表、講評
    一般参加:
     定員200名・先着順・入場無料(12月10日17時までに申込みが必要です)
    申込方法:
     参加(聴講)を希望される方は以下のURLからお申し込み下さい。
      https://www.vmi.co.jp/jpn/consulting/seminar/2018/furusato2018.html(外部リンク)
    ※その他詳細につきましてはこちらの国土交通省本省のHPをご覧ください。
      http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/tedukuri/index.html(外部リンク)

    平成30年度手づくり郷土賞を募集します!! ※本年度の募集は終了しました

     【応募者の資格】  
      社会資本*を有効活用し地域づくり等に取り組む活動団体が単体、又は社会資本を管理する地方公共団体(都道府県、市区町村)との共同で応募するものとします。 
      なお、社会資本を管理する地方公共団体については、複数での応募が可能です。
      *原則として社会資本は国土交通省が所管するもの。  

     【表彰部門】
      手づくり郷土賞は、以下の2部門について、募集を行います。  
     (1) 一般部門   
        地域の魅力や個性を創出している、社会資本及びそれと関わりのある地域活動が一体となった成果を対象とします。   
     (2) 大賞部門
        これまでに「手づくり郷土賞」を受賞した社会資本又は社会資本と関わりのある活動を含む成果を対象とします。   
       (たとえば、これまでに受賞した社会資本又は社会資本と関わりのある活動を含み内容が更に充実している成果、これまでに受賞した社会資本又は社会資本と関わりのある活動を核とした周辺エリアを含む成果など)

     【募集期間】   
     平成30年6月1日(金)〜8月20日(月)※消印有効

     【応募方法】  
     下記提出物を募集期間内に提出して下さい。    
     (1)提出物   
      ・応募用紙  
      ・参考資料    
     (2)提出方法  
      ・電子データ一式を次項のアドレスに送付して下さい。    
      ※容量が10Mを超えると受信できませんので、お手数をお掛けしますがCD-R等を次項の住所に送付願います。    
     (3)提出先    
      ・e-mail
       ktr-tiiki@ml.mlit.go.jp     
      ・郵送先    
      〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1     
      国土交通省 関東地方整備局 企画部 広域計画課 地方計画第二係  

     【発表会(交流会)】

      受賞団体決定後、東京都内において、受賞団体によるプレゼンテーションなどを行う発表会(交流会)の開催を平成30年12月〜平成31年1月に予定しております。発表会では受賞団体のなかから各部門のグランプリを選出します。会場までの交通費等は1団体につき2名様分まで、支給する予定です。詳細につきましては、改めて受賞団体へお知らせいたします。

     【応募対象外となるもの】  
     次の事項に該当する場合には、手づくり郷土賞の応募対象外となりますので、ご注意ください。   
     (1)社会資本の整備、維持管理、利活用等と関わりが認められない活動   
     (2)行政機関の主導のみで推進され、地域活動としての自立性が乏しい活動   
     (3)活動期間が概ね3年未満の活動(※活動期間は、組織の立ち上げや会議開催等ではなく、成果に直結する実質的な活動開始時点からカウント)   
     (4)地域社会、地域住民への貢献が認められない活動   
     (5)今回の応募内容で、全国規模で行われている同様趣旨の他の表彰を、過去に受けているもの(内容の発展が認められれば可)  

     
     応募資料は各地方整備局等にて応募要件のチェックを行います。  
      その際、応募の対象とならないものがあった場合は、その旨応募団体へ通知いたします。  

     【今後のスケジュール】   
      募集締め切り           平成30年8月20日
      選定委員会による選定     平成30年10月〜11月
      選定結果の公表・ 発表会   平成30年11月〜平成31年1月

    応募資料

    近年の受賞事例

国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369