圏央道ちば館 HOME > 圏央道エリアガイド >

東金〜茂原

エリアガイド 東金〜茂原

東金・茂原間 地図

道路交通のバックボーンとなり、地域づくりに寄与します。

房総半島のほぼ中央部を走る圏央道は、南房総や九十九里などの外房の美しいリゾート地への距離を縮め、観光とレジャーの発展に大きく貢献します。
同時に、東金市⇔茂原市間の各地域の特徴ある産業をさらに振興し、また長生・山武地方拠点都市地域基本計画などに寄与します。したがって、沿線の市町村は地域発展の好機を迎えることにもなります。
圏央道は、“ちば新時代”への近道です。

ページトップに戻る
  • (1)九十九里浜(旭市~いずみ市)
    (1)九十九里浜(旭市~いずみ市) 66kmにわたって延々と白い砂浜と緑の松林の雄大な景観が続くリゾート地です。
  • (2)八鶴湖(東金市)
    (2)八鶴湖(東金市)東金市のほぼ中央に位置する徳川家康ゆかりの湖で、御殿池とも呼ばれます。周辺には約1000本の桜があり、その夜桜の美しさは関東一と讃えられています。
  • (3)縣神社本殿(大網白里町)
    (3)縣神社本殿(大網白里町)1488(長享2)年、土気城を再興した酒井小太郎定隆が、鬼門除けとして土気古城から移したと伝えられます。三間社流造り、瓦棒銅板葺屋根の本殿が有名です。
  • (4)昭和の森(千葉市)
    (4)昭和の森(千葉市)およそ100haを有する県内有数の総合公園です。公園の一部が県立自然公園に指定され、四季の花々や野鳥の観察に訪れる人が後を絶ちません。
  • (5)茂原公園(茂原市)
    (5)茂原公園(茂原市)日本さくらの名所百選に選ばれた桜の名所です。園内の桜は2850本あり、咲き誇る花と朱色の弁天堂のコントラストが美しく映えます。夜桜にもたくさんの市民が訪れます。
  • (6)長柄横穴群(茂原市)
    (6)長柄横穴群(茂原市)特殊な形態の横穴墓で「高壇式」と呼ばれる構造です。段差は普通で1.5mから2mですが、最大のものは2.9mに達するものがあり、国の重要文化財に指定されています。
  • (7)ひめはるの里(長南町)
    (7)ひめはるの里(長南町)美しい花と愛らしい犬たちが作るかけがえのない癒しの空間。
    園内は7つのエリアに分かれ、植物園やドックランなどが楽しめます。
ページトップに戻る
サイトマップ

圏央道はどんな道?工事の進捗と予定圏央道エリアガイド環境への取り組み記者発表資料館リンク集