• ちばこくホーム
  • 圏央道ちば館
  • 防災情報
  • 事業案内
  • コミュニケーション(皆さんと千葉国道がもっと親しくなるために)
  • 観光情報
  • 企業の方へ
  • 事務所のご案内
  • お問い合わせ
  • 道路見える化計画
ホーム > 道路冠水箇所マップ(千葉県内)について

道路冠水箇所マップ(千葉県内)について

千葉県内の局地的な大雨時に冠水する可能性があるアンダーパス部における事故防止を図るため、「道路冠水注意箇所マップ」を公表します。 「道路冠水注意箇所マップ」は、車道部がアンダーパス構造となっており、局地的な大雨時において冠水する可能性がある箇所についてとりまとめたものです。

通常の降雨では支障ありませんが、局地的な大雨時にで雨水が急激に集中し、ポンプなどの排水能力を超えた場合、一時的に水が溜まる可能性があり、交通に支障を来す恐れがある箇所をいいます。 局地的な大雨(いわゆる集中豪雨)などの通行に注意してください。また、冠水している道路の通行はお止めください。 なお、この箇所以外でも予期せぬ箇所で道路冠水が発生する恐れがありますので、ご注意願います。

千葉国道事務所では、冠水による被害を未然に防げるようパトロールの実施、注意喚起などの対策を行っておりますが、万が一、道路に冠水があった場合は、側溝やマンホールの蓋が外れているなどの危険な状況も予想されますので、自動車で移動される方だけでなく、歩行者や自転車・バイクの方も十分ご注意願います。


記者発表資料はこちら

[参考]千葉市ホームページ「地下道(アンダーパス)冠水の危険性」はこちら


国道357号舞浜交差点冠水注意のお知らせ

国道357号舞浜交差点では、台風や局地的な大雨時に道路冠水が発生する恐れがあります。冠水している箇所での通行はお控え下さい。
千葉国道事務所では、交差点内の雨水をポンプアップすることで冠水を軽減する対策を実施します。
また、冠水被害を未然に防ぐため、通行止め等を実施することがありますのでご理解・ご協力をお願いいたします。

舞浜交差点冠水状況