ホーム > 防災 > 関東地方整備局の災害への取り組み > TEC−FORCE(緊急災害対策派遣隊)について
防災

TEC−FORCE(緊急災害対策派遣隊)について

TEC−FORCE(緊急災害対策派遣隊)の概要

TEC−FORCE緊急災害対策派遣隊)とは

関東・東北豪雨における常総市内での排水活動状況 関東・東北豪雨における常総市内での排水活動状況

○大規模自然災害への備えとして、迅速に地方公共団体等への支援が行えるよう、平成20年4月にTEC-FORCEを創設
○TEC-FORCEは、大規模な自然災害等に際して、被災自治体が行う被災状況の迅速な把握、被害の拡大や二次災害の防止、被災地の早期復旧等に対する技術的な支援を円滑かつ迅速に実施
○本省災害対策本部長の指揮命令のもと、全国の各地方整備局等の職員が活動
○国土交通省各組織の職員合計8,912名(平成29年4月現在)を予め任命

関東地整管内における「情報共有に関する協定(リエゾン協定)」について

リエゾン協定

リエゾン(情報連絡員)は、災害が発生したまたは発生の恐れのある地方公共団体等に出向き、関東地方整備との情報伝達が円滑に行われるための触媒役を果たし、適切な災害対応を行う上で役立つ情報提供や助言を適時的確に行います。

主な役割
(1)被災状況等の情報収集
・一般被害(浸水、人的被害、避難勧告等)の情報に関すること
・公共土木施設(道路、河川、ダム、砂防、都市施設等)の被害状況に関すること。
・現地の状況(交通規制)
・現地気象状況など
(2)政府調査団の行程等の情報収集
(3)災害対策用機械の派遣等、支援内容の調整
(4)関東地方整備との連絡窓口
(5)その他、特に重要と思われる情報収集・提供等

災害時の支援要請について

○情報収集
・関東地整は、リエゾンを被災自治体へ派遣する。(派遣にあたっては、事前に被災自治体に通知する)
・災害対策用ヘリコプターにより広域の被害状況調査を実施する。

○支援
・被害自治体は、関東地整等に支援要請を行う。
・特に、緊急を要する場合には、首長と河川国道事務所所長等とのホットラインを通じて支援要請を行う。

災害時の支援要請について


国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369