ホーム > 防災 > 各種災害の計画及び対策 > 大雪
防災

大雪

雪害対策

積雪寒冷地域は国土の60パーセントを占め、関東地方でも北部山岳地帯の一部が地域に指定されています。
このため、積雪による道路災害が発生し、地域の経済活動などに大きな影響を与えています。関東地方整備局では、降雪に備えて、様々な機器を備えた除雪ステーションを設置するなどして降雪による被害の軽減にあたっています。

国道18号新潟県境の除雪状況(ロータリー除雪車) 国道18号新潟県境の除雪状況(ロータリー除雪車)
国道18号新潟県境の除雪状況(ロータリー除雪車)

除雪優先区間

国が管理する道路において、大雪時に急な上り坂で大型車等が立ち往生しやすい場所等を選定し、集中的・効率的に優先して除雪を行う区間をいいます。
(1)関東地方整備局管内では、降雪に伴う除雪優先区間は20区間・総延長360.3Km
(2)都道府県別は、神奈川県2区間、栃木県1区間、埼玉県3区間、群馬県4区間、長野県5区間、山梨県6区間、千葉県1区間

全国の情報はこちらをクリックしてください。[外部サイト]

除雪優先区間(一覧表)
除雪優先区間(位置図)


国土交通省 関東地方整備局 所在地 〒330-9724 埼玉県さいたま市中央区新都心2-1 さいたま新都心合同庁舎2号館電話:048(601)3151 FAX:048(600)1369