荒川上流河川事務所ホーム > 荒川を知ろう > アラキッズ > 川の右左ときょり

荒川を知ろう

  • アラキッズ

    川の右左ときょり

    右岸(うがん)と左岸(さがん)

    川の右左は、上流から下流に向かって右側が右岸、左側が左岸と決められています。
    昔、上流に暮らす人は暮らしに必要なものが、下流から舟で運ばれてくるのを見つめてまっていたそうです。そこから下流に向かって右岸、左岸と呼ばれるようになったといわれています。

    右岸(うがん)と左岸(さがん)

    川の距離

    荒川の中流では400m毎にキロ杭(距離標)を設置しています。
    河川の流心(川の流れの真ん中)で距離を測り、そこから直角に左右岸の杭を設けることになっています。
    支川のキロ杭は、本川との合流地点を0kmとして設置されています。

    川の距離
国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371