荒川上流河川事務所ホーム > 荒川を知ろう > アラキッズ > 荒川のすがた > 下流のようす

荒川を知ろう

  • アラキッズ

    荒川のすがた

    下流のようす

    下流部は、中流部よりも傾(かたむ)きが大変に緩(ゆる)やかで流れもおそく、上流から運んできた土や砂を積(つ)もらせ平野をつくります。
    また下流部では、支川の水や雨水が加わるため、川の水がさらに多くなります。

    下流のようす

    人間がつくった下流部

    昔、荒川の下流部(いまの隅田川)は細く、洪水(こうずい)を流しきれないので、太い放水路(ほうすいろ)とよばれる川が新しく掘られました。
    今の荒川は人が掘ったものなのです。

    人間がつくった下流部
国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371