国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
荒川上流河川事務所ホーム > その他お知らせ > 荒川の「青岩礫岩」が埼玉県の指定天然記念物に指定されることになりました

荒川の「青岩礫岩」が埼玉県の指定天然記念物に指定されることになりました

平成24年 03月16日

  • 荒川の「青岩礫岩」(あおいわれきがん)が埼玉県の指定天然記念物に指定されることになりました

     発見された場所は荒川を渡る関越自動車道花園インターチェンジの上流(埼玉県寄居町大字赤浜字川越岩地先)です。

     青岩礫岩とは約1億2000万年〜9000万年前(恐竜のいた時代)に地下深くできた結晶片岩が、約1500万年前に急激に隆起して海岸の崖になり、ガラガラと崩れたすぐそばで堆積して礫岩(岩の中に礫が入っている)となったものです。
     粒径の不均一な結晶片岩等でできたこのような礫岩は、世界的に類例を見ない貴重な地質現象です。

    「青岩礫岩」の写真については、ぶらり♪〜あらかわ便り〜【平成24年3月16日】に掲載しています。

  • 関連リンク

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371