荒川上流河川事務所ホーム > 荒川を知ろう > 荒川の主な施設 > ダム

荒川を知ろう

  • 荒川の主な施設

    ダム

    二瀬ダム (国土交通省 二瀬ダム管理所)

    二瀬ダム

    二瀬ダムは、「荒川総合開発計画」の一環として、昭和36(1961)年、秩父郡大滝村(現、秩父市)に完成しました。計画高水流量1,500m3/secのうち700m3/secの洪水調節、下流沿岸の8,603haに灌漑用水の補給及び年間17,487Mwhの発電を目的としています。
    また、昭和51(1976)年から56年までの6ヶ年計画によって周辺環境整備事業を実施し、遊歩道、展望台、テニスコートなどの施設を造り、一般に開かれた自然空間を提供しています。

    集水面積 170.0km2
    ダム型式 アーチ式コンクリートダム
    堤高 95m
    総貯水容量 2,690万m3
    有効貯水容量 2,180万m3
    洪水期利水容量 1,600万〜0m3
    非洪水期利水容量 2,000万m3
    洪水調節容量 2,180万m3

    浦山ダム ((独)水資源機構)

    浦山ダム

    浦山ダムは平成10(1998)年、支川浦山川に完成しました。計画高水流量1,000m3/secのうち890m3/secの洪水調節、流水の正常な機能の維持と増進、埼玉・東京とで最大4.1m3/secの取水及び最大5,000kWの発電を目的としています。

    集水面積 51.6km2
    ダム型式 重力式コンクリートダム
    堤高 156m
    総貯水容量 5,800万m3
    有効貯水容量 5,600万m3
    洪水期利水容量 3,300万m3
    非洪水期利水容量 5,600万m3
    洪水調節容量 2,300万m3

    滝沢ダム ((独)水資源機構)

    滝沢ダム

    滝沢ダムは平成20(2008)年、完成しました。
    計画高水流量1,850m3/secのうち1,550m3/secの洪水調節、流水の正常な機能の維持、埼玉・東京とで最大4.6m3/secの水道用水の確保を目的としています。

    集水面積 108.6km2
    ダム型式 重力式コンクリートダム
    堤高 132m
    総貯水容量 6,300万m3
    有効貯水容量 5,800万m3
    洪水期利水容量 2,500万m3
    非洪水期利水容量 5,800万m3
    洪水調節容量 3,300万m3
国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371