荒川上流河川事務所ホーム > 占用手続き・申請 > よくあるQ&A

占用手続き・申請

  • よくあるQ&A

    【Q】 河川敷に釣り用の桟橋を設置することはできますか。

    【A】 河川敷に工作物(小屋、桟橋、倉庫、フェンス等)を設置し、排他的かつ継続的に使用する場合には河川法の許可が必要となります。
    ただし、河川法の許可を受けるには公共性等の条件が必要で、個人(又は団体)が釣りを目的に桟橋を設置することはできません。
    また、河川敷に釣り桟橋や足場を設置することは治水上問題があり基本的に許可はできません。釣り足場等はその都度お持ち帰り下さい。

    【Q】 河川敷で家族で行うバーベキューや花火はできますか。

    【A】 河川の使用形態の基本は自由使用です。自由使用は先着優先で誰でもが何ら他から拘束されずに、公物を使用できるもので、河川について言えばボート遊び、水泳、魚釣り、散歩などがあげられます。
    バーベキューや花火についても後かたづけや火の始末をきちんと行うのであれば、自由にできます。ただし、周辺住民への騒音や環境への配慮等を充分考慮して行って下さい。
    なお、大規模な花火大会等を催すような場合は、一時使用となりますので出張所へお問合せ下さい。
    また、魚釣りを禁止している場所もありますのでマナーを守って行って下さい。

    【Q】 河川区域内の自分の所有地を使用するのに、何か河川法の制限がありますか。

    【A】 河川本来の機能は洪水などの災害の防止であり、河川の中にみだりに工作物が設置されることはこれらの機能を減ずることや障害となる場合があります。
    したがって、河川敷地内にやむを得ず設置する必要な施設については、河川の機能にできるだけ支障のないように配慮するため河川管理者の許可を受けてから行わせるよう定めています。
    このため私有地であっても、河川敷地内では工作物を作ったり、掘削、盛土をする場合は、河川管理者による許可が必要です。

国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3-12 電話:049(246)6371