国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
荒川下流河川事務所ホーム > お知らせ > 河川管理施設の点検を行っています(平成28年1月分)

河川管理施設の点検を行っています(平成28年1月分)

平成28年 01月05日

  • 〜ゲートの開閉操作・ポンプ設備の排水運転〜
    水門や排水機場のポンプ設備等の施設は、普段は動いていませんが、洪水等の際に確実に動かすため定期的に実際に運転をして点検を行う必要があります。
    1月は、添付資料の日程で実際に施設を動かす管理運転点検を予定しております。
    現地にてゲートの開閉状況、ポンプ設備の運転状況をご覧いただけます。


    今月は、綾瀬水門の施設情報を掲載します。

    【ちょっとした施設情報】
    綾瀬水門のゲート面積は108m2と、荒川下流管内で隅田水門の次に小さいです。重量は34tと隅田水門と並び最小で、30分かけて9m昇降します。
    荒川下流管内の水門では、最も稼働頻度が多い水門です。

    現在、大規模な地震が起きても安全にゲートを昇降出来るように、門柱補強工事を行っています。
    今回の工事で門柱補強は完了する予定です。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)