国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
荒川下流河川事務所ホーム > お知らせ > 「荒川下流河川事務所管内における自転車による事故把握状況」を掲載しました。

「荒川下流河川事務所管内における自転車による事故把握状況」を掲載しました。

平成26年 06月27日


  • 〜荒川下流部における自転車による事故把握状況(平成25年4月〜平成26年3月)〜

    荒川下流河川事務所管内では、主に緊急用河川敷道路において自転車による事故が平成22年度は1件、平成23年度は4件、平成24年度は10件、平成25年度は1件発生したことを把握しています。このうち、平成22年度に発生した事故は、高速走行の自転車が歩行者と衝突し、歩行者が死亡するに至っています。

    当事務所管内の緊急用河川敷道路では、誰もが安全で快適に利用することができるように平成26年3月1日施行の新・荒川下流河川敷利用ルールにおいて「自転車は徐行し、歩行者を優先しましょう。」としています。緊急用河川敷道路上は、歩行者やランナーなど様々な方に利用されており、ここを自転車で高速走行することは、非常に危険な行為です。ひとたび人と衝突する事故になれば、自転車側に重い民事責任や刑事責任が科せられる場合も生じます。

    [事故の概要(平成25年4月〜平成26年3月]
     平成25年4月から平成26年3月に発生した自転車事故で当事務所が把握した件数は1件で、事故の状況は自転車と歩行者の追突事故でした。

    ※事故把握状況については、警察・消防署から情報提供のあったもの、及び日々行っている河川巡視で把握したものをまとめたものです。

  • 別紙・参考資料

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)