荒川下流河川事務所ホーム > 河川・河川敷の利用 > 手続きが必要なもの

河川・河川敷の利用

  • 手続きが必要なもの

    河川の占用(特定の者が継続的・排他独占的に河川を使用すること)する場合、又は一時的に使用する場合などには、手続きが必要です。

    河川占用許可の手続き

    河川区域内の土地(河川管理者以外の者がその権限に基づき管理する土地を除く)を占用しようとする者、又は工作物を新築・改築し、あるいは除却しようとする者は、河川法に基づき河川管理者の許可を受けなければいけません。
    また、堤防等を守るために、法律で一定区域(河川保全区域)を決め、その区域内の行為については、河川法の許可が必要となります。許可を受けないで行おうとしても、建物の建築確認もできませんし、又、罰則もありますので十分注意して下さい。


    ■河川区域とは

    河川を管理するために必要な区域で、基本的には堤防と堤防に挟まれた間の区間をいいます。河川区域は大きく分けて

    (1)通常水が流れている土地(一号地)[低水路]

    (2)堤防や護岸など、河川を管理するための施設(二号地)[堤防敷等]

    (3)一号地と二号地に挟まれている土地で、一号地と一体化して管理を行う必要のある土地(三号地)[高水敷]

    の三種類に分かれています。

    河川区域の典型例

    ■河川保全区域とは

    堤防や護岸など洪水・高潮等の災害を防止するための施設や河岸を守るために、一定の制限を設けている区域のことです。河川保全区域の範囲は、それぞれの河川で異なりますが、荒川下流河川事務所の管轄においては、荒川の河川区域から20m(一部例外有り)、綾瀬川の河川区域から10mの範囲で指定されています。詳しくは担当出張所にご確認ください。

    河川区域及び河川保全区域

    ●河川区域内の土地の占用等の許可に関する事務

    許可対象

    河川区域内は原則一般の方が自由に利用できるものですが、排他的・独占的に利用(占用)する場合には河川法の土地の占用の許可が必要になります。(河川法第24条)
    また、河川区域内においては、次に掲げる行為に関して河川法の許可が必要です。
    ・工作物の新築・改築又は除去をする場合(河川法第26条第1項)
    ・盛土、切土のように土地の形状を変える場合又は、竹木の植栽を行う場合(河川法第27条第1項)
    ・河川の水を取水する場合(河川法第23条)
    ・河川の砂・砂利、ヨシなどを採取する場合(河川法第25条)

    河川占用許可の手続き【パンフレット】[PDF:246KB]

    ●河川保全区域内の行為の許可に関する事務

    河川保全区域内において、土地の掘削、盛土又は切土その他土地の形状を変更する行為や工作物の新築又は改築する場合は、河川法の許可が必要となります。(河川法第55条第1項)
    ただし、以下のようなものについては申請の必要はありません。

    ・耕うん
    ・堤内の土地で、堤防から5m以上離れた、地表から高さ3m以内の盛土
    ・堤内の土地で、堤防から5m以上離れた、地表から深さ1m以内の掘削又は切土
    ・堤内の土地で、堤防から5m以上離れた、工作物の新築又は改築(堅固なもの及び水が浸透する恐れのあるものを除く)

    河川保全区域の申請手続き【パンフレット】[PDF:317KB]

    河川敷の一時使用について

    ■一時使用とは

    河川の使用形態の基本は「自由使用(一般使用)」ですが、 河川区域内の土地を排他独占使用する場合においては、河川法第24条に基づき、河川管理者の土地の占用許可(特許使用〈特別使用のうち〉)を受けなければなりません。しかしながら、季節的な行事などのために河川敷地を一時的に使用する場合等、占用的性格が少なく、自由使用との中間形態と思われるものは、河川敷地の一時使用届出書を提出していただきます。
    なお、土地の占用許可はもちろんですが、一時使用届も直接的に収益を目的とする使用は、認められません。

    ■一時使用の特徴

    1.短期間であること・・・1ヶ月以内
    2.工作物は設置しないこと(簡易なものは除く)
    3.予約、仮予約はできません。
    4.独占的な利用を認めるものではありません。他の利用者とゆずり合い、皆が楽しく河川敷を利用できるようご協力下さい。
    5.他の届出者と利用日時・場所が重複した場合、届出の順番や受理済かに関わらず、当事者同士でゆずり合って利用するのか取り下げるのか相談していただきます。
    6.河川敷内の工事状況等により、通知後(届出の流れ参照)であっても利用日時・場所の変更をしていただく場合があります。

    ■一時使用の具体例

    1.映画やテレビ番組の撮影
    2.マラソン(直接的に収益を目的とするものは除く)
    3.水防訓練等
    4.現地測量、事前調査 など
    5.測量教育
    ・提出期限は、遅くとも利用日(ただしマラソン等の参加者を募集する場合は募集を開始する日)の10開庁日(土日祭日、年末年始を除く10日)前までに届出書類を該当する出張所へ提出して下さい。
    ・マラソンの場合は利用希望日の半年前の月から、利用希望日時・場所の空き状況の確認ができます。
    ・届出が必要かについては、管轄する出張所にお問合せ下さい。
    ・一時使用における注意事項・禁止事項、提出書類、遵守事項は河川敷の利用状況、一般利用者からのご意見等を適切に反映できるよう、適宜その内容を点検し必要に応じて変更していきます。

     

    届出の流れ 届出の流れ

    河川敷地境界確定の手続き

    河川敷地(国有地)に接している土地の所有者が、地積更正・分筆・転売など自己の都合によって河川敷地との境界を明確にしたい場合は、河川敷地境界確定協議の手続が必要となります。


    境界確定協議に必要な書類

    1.河川敷地境界確定協議書
    2.位置図
    3.不動産登記法第14条の地図(国土調査法に基づく「地積図」、土地区画整理法及び土地改良法に基づく「土地の所在図」並びに地図に準ずる図面(いわゆる「公図」と呼ばれているもの)を含む。)の写し
    4.実測平面図
    5.協議者の印鑑登録証明書(公有地の場合を除く)
    6.協議に係る私有地等が、協議を行う者の土地であることを証する書類(不動産登記法(平成16年法律第123号)に定める登記事項証明書)
    7.代理人により協議を行う場合は、委任状及び私有地等の所有者の印鑑登録証明書
    8.協議者の住所と登記事項証明書の住所が違う場合は、転居の経緯が分かる書類
    9.その土地が相続に係るものである場合は、相続関係を証する書類
    10.その他必要と認められた書類

    河川敷地境界確定の流れ 河川敷地境界確定の流れ

    各種申請及び届出の窓口

    ■ 岩淵出張所 【管轄区間 笹目橋〜西新井橋】
     〒115-0042 東京都北区志茂5-41-2
     TEL : 03-3901-4240(代)(平日9:15〜18:00)
     FAX : 03-3901-2442

    岩淵出張所 岩淵出張所

    ■ 小名木川出張所 【管轄区間 荒川:西新井橋〜河口 綾瀬川:綾瀬川排水機場付近〜堀切菖蒲水門下流】
     〒136-0072 東京都江東区大島8-33-26
     TEL : 03-3681-6131(代)(平日9:15〜18:00)
     FAX : 03-3683-7453

    小名木川出張所 小名木川出張所

    申請書類ダウンロード

    各種申請書類を下記より選び、ダウンロードして下さい
    ダウンロードできるファイル形式は、以下の3種類です。

    ・PDFファイル
    ・Word 97-2003 ファイル
    ・一太郎 ファイル

    PDF形式のファイルを開くにはAdobeの「Acrobat Reader」が必要です。
    お持ちでない方は下記サイトから、ダウンロードできます。
    ダウンロード[外部サイト]

    ※Microsoft Internet Explorerで一太郎ファイルを開くと印刷できない可能性があります。
    ダウンロードしたい一太郎ファイルのアイコンを右クリックし、
    対象をファイルに保存としてからファイルを開くと印刷することができます。

    河川敷地の一時使用

    各種申請書類名称 PDF Word 一太郎
    河川敷地の一時使用届出書【マラソン等】 PDF版 WORD版 一太郎版
    河川敷地の一時使用届出書【撮影】 PDF版 WORD版 一太郎版
    河川敷地の一時使用届出書【その他】 PDF版 WORD版 一太郎版

    許可の取得に必要な主なもの

    各種申請書類名称 PDF Word 一太郎 記載例及び添付図書
    土地の占用許可(法24条)申請 PDF版 WORD版 一太郎版 PDF
    工作物の新築等の許可(法26条)申請 PDF版 WORD版 一太郎版 PDF
    土地の堀削等の許可(法27条)申請 PDF版 WORD版 一太郎版 PDF
    河川保全区域内における行為の許可(法55条)申請 PDF版 WORD版 一太郎版 PDF

    許可の取得後に必要となる手続き

    各種申請書類名称 PDF Word 一太郎 記載要領及び添付図書
    工事着手届 PDF版 WORD版 一太郎版
    完成届 PDF版 WORD版 一太郎版
    権利譲渡承認申請(法34条)申請 PDF版 WORD版 一太郎版 PDF
    地位承継届(法33条)申請 PDF版 WORD版 一太郎版 PDF
    住所・氏名変更届 PDF版 WORD版 一太郎版
    用途廃止届 PDF版 WORD版 一太郎版
    占用廃止届 PDF版 WORD版 一太郎版
    補修工事届 PDF版 WORD版 一太郎版

    河川敷地境界確定に必要となる手続き

             
    各種申請書類名称 PDF Word
    河川敷地境界確定協議書 PDF版WORD版
    河川敷地境界確定書 PDF版 WORD版
    河川敷地境界確定書原本証明書交付申請書PDF版 WORD版
国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)