国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
荒川下流河川事務所ホーム > 防災・災害情報 > [防災・災害への取り組み] > 水害・治水対策 > 治水上の弱点となっている橋梁の架替

防災・災害情報

  • [防災・災害への取り組み]

    水害・治水対策

    治水上の弱点となっている橋梁の架替

    京成本線荒川橋梁付近の堤防は低い状態にあります。増水時には水が溢れて堤防が決壊する危険性があるため橋を架け替え、流下能力を向上します。

    架替の概要

    京成本線荒川橋梁は昭和6年3月に完成し、昭和6年12月19日に供用を開始しました。以来、首都圏の重要な交通機関として活躍しつづけ、現在では1日に約14万人の利用があります。

    詳しくはこちら[PDF:4557KB]

    京成本線荒川橋梁の位置

    京成本線荒川橋梁の位置
    現在の京成本線荒川橋梁 現在の京成本線荒川橋梁
国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)