荒川下流河川事務所ホーム > よくあるご質問 > 水面利用(ボート・水上オートバイなど)について

よくあるご質問

  • 水面利用(ボート・水上オートバイなど)について

    荒川でカヌーやボート遊びはできますか?

    河川は、原則として、いつでも自由に利用することができますので、カヌーやボート遊びをすることは可能です。

    荒川で水上スキーや水上オートバイはできますか?

    荒川下流域(河口〜秋ヶ瀬取水堰)においては、荒川を通航する船舶(水上オートバイを含む)が守るべきルールを定めています。
    「減速区域」や「水上オートバイ通航方法制限区域」などにおける通航方法を守ったうえで、水上スキーや水上バイクをすることは可能です。
    詳細につきましては、「荒川通航ガイド」をご覧ください。

    何か届出などが必要ですか?

    個人的に利用する場合は、河川管理者への届出などの手続きは必要ありません。
    イベントや大会で利用する場合には、河川法の許可や一時使用届出が必要です。
    詳細につきましては、下記出張所までお問い合わせ下さい。
       <問い合わせ先>
          岩淵出張所(管轄区間:笹目橋〜西新井橋)
            TEL:03−3901−4240
            FAX:03−3901−2442
          小名木川出張所(管轄区間:西新井橋下流〜河口)
            TEL:03−3681−6131
            FAX:03−3683−7453

    場所の制約がありますか?

    荒川下流域では「自然保全区域」や「動力船通航禁止区域」を設定しています。
    「自然保全区域」は河岸の自然環境を保全するための水域として、船舶等(いかだを含む)の通航を原則として禁止しています。
    「動力船通航禁止区域」は手こぎボート(レガッタ等)の利用が多い区域として、原則として動力船の通航を禁止しています。
    詳細につきましては、「荒川通航ガイド」をご覧ください。

    その他注意しなければならないことがありますか?

    浮標(ブイ)などを設置することはできません。
    集中豪雨等河川の急な増水には十分に注意し、自己責任で利用してください。
    水上スキーや水上オートバイについては、騒音や航走波についての苦情が寄せられています。他の利用者(釣り人など)がいる場合には、迷惑にならないよう、マナーを守った利用をお願いいたします。
    水上オートバイは、江東内部河川(小名木川、旧中川など)の通航が禁止されているため、荒川ロックゲートを利用することはできません。
    船舶の通航方法に違反した場合は、河川法に基づき30万円以下の罰則が科せられることもあります。

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)